コーナーステージに厚板という提案(#209~215)

IMGP7278従来の輪切りのステージでは、薄い輪切りにヒノキのアームを取り付けていましたが、その構造だとケージの最も低い位置に設置しても、アームの高さ分ステージの位置が高くなっていました。
ただ、ステージ本体の輪切りに直接ナットを埋め込むと、材の構造上、埋め込み部分に割れが発生することが多く、アームを取り付ける構造としていました。
コーナーステージの場合は輪切りの外周部ではなく、切断面にナットを埋め込むことが出来るため、埋め込み部分にわれが発生する心配がありません。また、ナットを直接埋め込める厚さの材を使用することで、ケージ内をよりナチュラルな雰囲気に仕上げていただけるのではないかと考えております。
ケージへの取付は、切断面に埋め込んだナットにつまみボルトを取り付け、ステージ本体とワッシャーでケージの網を挟み込んで固定します。
ワッシャーとつまみボルトはステンレスを使用しています。
埋め込みナットは2面に埋め込んであります。