ウォルナット色の追加と背面加工

IMGP1621IMGP1623
お客様のご要望でウォルナット色を追加しました。
レギュラー色にするかはまだ決めていませんが、アンチックパインとエボニーの間の色ということで固定化するかもしれません。(オスモカラーは高価なのでたくさんの色を揃えておくのが難しいのです)

ほかに背面仕上げの追加加工を始めました。
基本的に背面は切りっぱなし&無塗装なのですが、通路を背にオープンスペースに設置されるといった後ろが見える場合に有料で承ります。
背板の後ろを丸面にする都合で下段の奥行きが10mm少ない275mm(棚板前面も丸面なので有効な奥行きは265mm)となり、ひな壇も10mm前進します。
写真ではすべてウォルナットになっていますが、棚板背面は棚板と同色になります。