Monthly Archives: 2月 2013

つる植物の在庫状況について

ヤフオクにてつる植物の製作状況についてご質問を頂いておりましたが、回答を差し上げる前にその出品が期限切れで終了してしまいましたので、こちらにて回答いたします。

現在つる植物は加工済みのものは無く、材料のみ手元にございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

#220~226 自然木の止まり木と輪切りのステージを補充

No220No221No222No223No224No225No226
出品中の止まり木と輪切りのステージが減ってきましたので、新しく製作して補充しました。
止まり木はヒノキのものを4本で、太さは文鳥ぐらいの体格からボタンインコ、コザクラインコぐらいの体格にちょうど良いものとしました。
ステージは、オカメインコに使用したいとのお問い合わせを頂きましたので、直径約12cmのもの(#224)を作ってみました。

※#224~226のステージは完売しました。

#217~219 自然木の止まり木(太目)5本セット

No217No218No219ヒノキで製作した止まり木を5本セットにしました。
齧るのが好きで止まり木を頻繁に破壊してしまう鳥さん向けに、ナットを埋めたもののみのセットとし、ケージへの取付金具(つまみボルト+ワッシャー)は別売りとしました。

新開発、コーンパーチ!?

IMGP7514ルンルンはお迎えした当時は風切りを切られていて、それはショップさんの方針でそのようにされていたのですが、工房では自由に飛び回らせたいと思っていましたので、羽切りをしていませんでした。
羽切りについてはメリットとデメリットの双方がありますので、切られる方を否定するつもりはありませんが、私個人といたしましては、人が立った姿勢で手に乗せている時にうっかり飛び立ってしまった場合、十分な揚力を得ることが出来ずに結構な勢いで墜落してしまうのを危険と感じておりました。
そのようなわけで風切りをそのまま伸ばし続けていたのですが、最近では部屋の中をぐるぐる回ったりすることが出来るようになり、飛距離が伸びてきました。
なにより、ルンルンの白い縁のある風切りが私、とても気に入っております。
ところで、ルンルンの後ろに見えるカラフルなものは…
IMGP7522新開発のコーンパーチです。
・・・嘘です。
いつもルンルンの食べ物を買っているショップさんで売られていたコーンに、止まり木に埋めるナットを埋めてみたところ、うまい具合にケージの網に取り付けることが出来ました。
このコーンは元々ハムスターや中型以上のインコ向けに売られているもので、乾燥していてとても固く、セキセイインコのルンルンは自力で食べることが出来ないのですが、実を外して楽しむおもちゃとして買ってみたまでは良かったものの、ケージへの取付をどうするかで困っていたのでした。

纏め買いへの対応(#216)

No216No216-2工房で飼っているルンルンのように、止まり木を齧るのが大好きな小鳥を飼われている場合、頻繁に止まり木を取り替える必要がありますが、そのたびに送料が必要になったり、ケージへの取付金具はまだまだ使えるのに勿体無いといったことがあります。
そういった声に対応するため、ナットを埋め込んだ同じような長さ・太さの止まり木を10本セットにしてみました。
これですと、ケージに取り付ける本数分の取付金具のみをご購入いただくだけでよく、再度ご購入いただく場合には取付金具の分お安くお求めいただけます。
取付金具につきましては、標準的なユニクロメッキ(150円/1本分)と耐食性に優れたステンレス(300円/1本分)からお選びいただけます。

材質 ヒノキ(本体)/亜鉛ダイキャスト(ナット)
長さ 約28~30cm
太さ 約13~17mm
販売価格 2,300円(税込)
荷姿 60サイズダンボール